EMPLOYEE TESTIMONIALS

先輩社員の声

経理課

主任山口 裕希

商学部 商学科 卒

2012年入社

経理部は最も正確性が求められる部署。
1円の誤差も許されません。

入社のきっかけは?

もともと自動車が好きだったので、自動車関連企業に勤めたいなと思って就職活動をしていました。そのなかで、偶然フセラシという会社を見つけて、選考が進む中で、会社の雰囲気や人事担当者の雰囲気がすごく良かったので入社を決めました。

現在担当している業務内容を教えてください。

経理課の仕事は主に2種類あり、経理と財務に分かれています。
経理的な業務では、毎月の会社の業績をまとめて経営陣に伝えています。財務的な業務では、仕入先に対してのお支払い業務をしています。

とある一日の仕事の流れ

出社
8:30

朝礼
メールチェックと一日の業務の確認
支払業務(専用システムに
未払金情報などを入力)

休憩
12:00

昼食

13:00

支払業務の続き

16:00

大阪工場の日報で
その日の仕入れの数字を確認

16:30

仕訳伝票の確認

退社
17:20

退社

仕事の中で大変なことは?

毎月の当座の照合作業が大変です。
銀行からもらう毎月の当座の入出金データと、自分たちの仕分けの数字に差異がないかをチェックするのですが、これがぴったり合わないとダメなんです。
もし1円でも違った場合は、その誤差の原因を調査するのに本当に時間がかかってしまうので、毎日、真剣に数字に向き合う大変さがありますね。

仕事をするうえで大切にしていることは?

やはり正確性ですね。経理課の仕事は多岐にわたりますが、どの業務をする場合でも、何よりも正確性が求められる部署です。例えば、日々の仕訳伝票を正確に起票していると、年に一度の決算整理もスムーズに進みますし、私たちがまとめた会社の成績は、社長をはじめとする経営陣が経営判断をする際の重要な数字になります。仕入先に対する支払いにおいても、支払期日に正しい金額を振り込めないと、フセラシの信用問題に関わってくるので、日々のあらゆる業務で正確性を心がけて仕事をするようにしています。
具体的には、自分一人で判断せず、必ず複数名でのダブルチェックを徹底しています。
また、資料を作る際には、ただ機械的に数字を入力するのではなく、資料の目的や構成を把握して、どんな理屈でその数字ができているのかを頭に入れてから作ることでミスを減らすことができています。

仕事において、自分が成長したなと感じることは?

国内拠点の支払いの仕事は、大阪本社の経理課で取りまとめて行っているのですが、各拠点の支払い業務担当者から、色々な問い合わせがあるんです。以前の私はその内容を聞いて、課長に確認するだけだったのですが、現在はそれらの問い合わせに自分だけで対応できるようになりました。今では、各拠点の担当者から「山口さんいますか?」と指名で電話をもらうので、頼られているなと実感できます。

仕事で嬉しかった事

経理課に配属されて1年目の頃なのですが、支払いの仕事を任せてもらえるようになったことですね。
それまでは仕訳伝票を起票する(伝票を起こす)というような経理の仕事をメインにしていたのですが、支払いの仕事を任せてもらえるようになって、財務の仕事も少しずつ任せてもらえるようになり、私の仕事の幅が少しずつ広がっていったという感覚がすごく嬉しかったですね。

今仕事の中で一番おもしろい事

経理課で一丸になって業務改善に取り組めていることです。
例えば、何年も溜め込んでいた古い経理資料の整理をしたり、各業務をマニュアル化して手順書を作ったり、少しでも業務効率化が図れるように、みんなで協力して進めていくのが今一番楽しいです。
私が経理課に配属された当時は、私と現在の課長の2人で仕事をしているという状況だったので、目の前の業務をこなすのが精一杯だったのですが、現在は4人体制になり、これまで手が回っていなかったことにも少しずつ取り組めています。

フセラシって
どんな会社だと思いますか?

経理課の立場で会社を見ていて、すごく真面目な会社だなと思います。上場企業には監査法人の監査を受ける義務があるのですが、フセラシは非上場企業にもかかわらず、毎月大きなお金を払って監査を受けているんです。そういった会計のクリーンさに経営への真摯な姿勢を感じています。
さらに良い教育者が多いところも魅力的だと思います。ただ怒るだけではなくて、「こうした方がいい」とか改善案もプラスして叱ってくれるし、自分の業務を助けるようなかたちで指揮してくれる。本当にいい人が多いです。

最後に、就職活動中の皆さんへ一言

今、就職市場って売り手市場だと言われていて、誰しもが志望する企業に就職できる可能性がある時代だと思うんです。でも、だからこそ、自己分析や業界研究といった当たり前のことを十分にやっていただいて、自分が目指す姿を実現できる企業に就職できるまで、時間をかけて頑張ってもらいたいなと思います。

NETWORK

事業所一覧

CONTACT US

お問い合わせ

弊社のサービス内容や、製品について
ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。


お電話/FAXでのお問い合わせ
TEL.06-6789-7121 /
FAX.06-6781-1734